ギフトシーンには、出産祝い、結婚内祝い、香典返し、新築・引っ越し祝い、快気祝い、お中元・御歳暮...など様々なシーンがあり、その場面によってマナーも異なります。
こちらのコーナーでは、気になるけどちょっと聞きずらい一般的なギフトマナーについて お答えするコーナーです。

出産祝いマナー

■のしについて
【のし紙は、紅白の蝶結びの水引き印刷が基本となります。 水引きの上には、"出産祝い"、または"内祝い"下には、赤ちゃんの名前をだけを書きます。 読みずらい名前のときは、ふりがなをつけるのが一般的です。】

■贈るタイミング
【お宮参りを行う生後1ヶ月頃を目安に親戚やお祝いを頂いた方に贈ります。 それ以降に頂いたお祝いに関しては、頂いたらすぐにお返しするのが基本です。 産後は、イベントも多く、ママの体調も万全ではないので、子供がお腹にいる間に品選びをしておくのが良いでしょう。】 

■贈り物相場
【現金、品物どちらを頂いた場合にもお返しは、品物が基本です。現金を頂いた場合には、頂いた金額の半返し、品物を頂いた場合は、金額に換算して、その半分がお返しの予算です。但し、親戚などから3万円以上を頂いた時には、三分の一のお返しで構いません。】

■正しい贈り方
【出産祝いを頂いた方には、必ずお礼状を同封しましょう。 生まれた赤ちゃんの写真も同封すれば、相手様に喜んで頂けます。】

結婚内祝いマナー

■のしについて
【水引きは、結びきり。のし上は、”内祝い”または”寿”、のし下は、夫婦の連盟もしくは、新しい名字で贈るのが基本です。一般的には、内のしですが、手渡しの場合は、外のしが多いようです。】

■贈るタイミング
【結婚式が終わってから1ヶ月以内が目安。結婚式以前にお祝いを頂いた場合にも結婚式後に贈っても大丈夫です。】 

■正しい贈り方
【お返しの金額は、半返しが一般的です。お品物の場合は、金額に換算し、その半額の品物を贈ります。想定以上にご祝儀を頂いた場合は、内祝いとして後ほどお贈りし、ご祝儀に見合ったお返しをするのが基本です】

香典返しマナー

■のしについて
【水引きは、結びきり(黒白)が一般的です。 表書きは、宗教に関係なく”志”が多く使われます。】

■贈るタイミング
【香典返しは、一般的に四十九日(七七日忌)の忌明け後に、お礼のお品物に挨拶状を添えて贈ります。但し、忌明けの時期は宗教によって異なります。仏式では四十九日、神式では五十日際の後に挨拶状に添えてお返しを贈ります。】 

■正しい贈り方
【基本的には、金額の半返しですが、香典金額の3割〜6割相当の品物を返すことが多いようです。 香典返しの挨拶状は、『四十九日の法要を滞りなく相営み忌明け致しました』としてお品物に添えて贈ります。】

新築・引っ越し祝いマナー

■のしについて
【のし紙は、紅白の蝶結びの水引き印刷が基本となります。 水引きの上には、”御祝い”、のし下には、贈り主の名前をいれるのが一般的です。】

■贈るタイミング
【プレゼントを渡す場合は、新築してから1ヶ月以内に贈るのがマナーです。】 

■正しい贈り方
【相場は、5,000円〜10,000円が相場です。 親戚では3万円〜5万円が相場です。現金や日用品などは、定番ですが、最近では、カタログギフトなども主流になってきています。】

引っ越しのご挨拶マナー

■のしについて
【のしは、紅白の蝶結びで表書きは、『御挨拶』とします。】

■贈るタイミング
【引っ越し時は、引っ越し業者などで騒がしくなるため、引っ越しの2〜3日前に挨拶に伺うのが一般的です。】 

■正しい贈り方
【日用品やお菓子など1,000円程度の品物で良いでしょう。】

快気祝いマナー

■のしについて
【『繰り返すことがないように』結び切りの水引きののしで贈ります。】

■贈るタイミング
【退院後、1週間〜2週間以内に贈るのが基本です。】 

■正しい贈り方
【金額の半返しで品物を選びましょう。】

お中元・お歳暮のマナー

■のしについて
【赤白の蝶結び、表書きは、”御中元又は御歳暮”が基本となります。 赤白の蝶結び、5本又は7本の花結びを用います。表書きは、”御中元又は御歳暮”が基本となります。 水引中央の上に”御中元又は御歳暮”と書き、名前は、水引き中央の下に書き入れます。。】

■贈るタイミング
【『お中元』7月15日頃までなら”御中元”、8月初旬から立秋までなら”暑中御伺”、それ以降は、”残暑御伺”となります。 関西の場合は、基本的に8月15日までは、”御中元”、それ以降は、”残暑御伺”となります。 近年では、7月初旬から中旬までに送ることが一般的になっています。
『お歳暮』 12月初旬より遅くとも20日までには、先方へ届くように贈るのが一般的です。 うっかり手配を忘れたり年内に届かない場合は、”御年賀”として贈る方法があります。 この場合は、先方に御年賀として贈らせて頂く旨を一言伝えておくのがマナーです 。】 

■正しい贈り方
【本来は、先方宅に直接持参するのが習わしですが、現在では、お互いの時間を合わせる余程がない場合は、店舗から直送したり宅配便を利用するのが一般的となっております。その際に贈り物に挨拶状をつけるのが礼儀です。】

■喪中の場合
贈り主、贈り先が喪中の場合も例年どおり贈ってもかまいません。気になる場合は、先方の了解を得た上で時期をずらして、忌明け後に贈ります。】

[送料]一律500円(税抜き)※北海道、沖縄、離島に関しては、800円(税抜き)必要となります。「1配送につき4,980円(税抜き)以上ご注文頂いた場合は、送料無料!」[お支払い方法]クレジットカード決済、銀行振込、郵便局振込、代金引換 [オプション]のし、包装、メッセージカード、挨拶状、すべて無料!1,000円以上お買い上げで無地の紙袋をお付けいたします!
2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
営業日カレンダー (水色:定休日)

新着商品